確定申告、経費などの税金関係…初心者フリーランスにオススメしたい漫画1選

みなさんこんにちは!
七味唐辛子大好き!さとう七味(@shichimi310)です。

フリーランスのイラストレーター・漫画家として独立し、早くも8ヶ月余りが経とうとしています。初めての確定申告を乗り越えたものの!!まさに綱渡り状態、当日に税務署に提出…そして損をしていたことに気がつく始末…。まさに、準備不足の極みで後悔してることがたくさんあります。

もっと独立したての頃に、触りだけでも把握しておけば良かったっ…!!!!

ということでこれから独立する、あるいは独立したての方々に、今のうちから絶対読んでおいてほしいフリーランスの税金についての漫画があるのですが……おや?どこからか「なりたてほやほやフリーランス」の声が聞こえるようだ…

 

 

…で、確定申告ってなんなの??

独立したての頃、私が思っていたこと。
確定申告ってなんやねん…

とにかく、確定申告の正体がわかりませんでした。とりあえずなんとなく知っていたこととしては

  • どうやら自営業者は義務っぽい
  • どうやらめちゃくちゃ面倒っぽい
  • どうやらめちゃくちゃ大変っぽい

 

…ほんとにこんな知識しかありませんでした一切なにも知りませんでした。とにかくよくわからなかった私は、「3月が近くなったら調べよう!!」と、とりあえず先延ばしするという自分の悪い癖を存分に発揮してしまいました。最悪の対応ですね!!

 

で、やってみてどうだった?確定申告。

結論から言うと…思ったよりは大変じゃなかったです

自分で仕事を始めて半年しか経っていなかったこと、売上がそんなに大きな額では無かったことも大きいとは思いますが、想定していた「わからなさすぎて戦えないし、多分間に合わない。死ぬ。」と言うほどのものでは無かったです!!

とは言え、完全に舐めていた私は申告期限の1週間前に準備を始めましたどうか、良い子も悪い子も真似しないでください…色々苦しかったので、ほんとにお勧めできません。

1週間前でもなんとかなったのは、この3つがあったから

 

確定申告、三種の神器!

①フリーランス税本

天才美少女漫画家・あんじゅ先生こと若林杏樹先生と、税理士・大河内薫先生の共著「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」通称「フリーランス税本」です!!

 

本当になにもわからなかった私は、まずこの本を読むことから始めました。急いでざっくり読めば1時間くらいで読めました。それくらい税金初心者にも読みやすく、漫画とイラストを交えながら「フリーランスにかかる税金の仕組み」「確定申告の正体」が書かれています!!

これを読んで、まずはざっくりと確定申告の正体を知りました。確定申告と言うとなんとなく税金を払わされて損をするイメージだったのですが、むしろ申告しない方が損をすると言うこともこの本で知りました。

確定申告は、我々の味方だったのです…!!

 

さらには概要だけでなく、もっと踏み込んだ確定申告の考え方も書かれています。例えば、どこまでが経費になるの?と言う考え方。

  • 「それがなければ仕事にならない」
  • 「仕事をしていなければその経費を支出していない」

こうしたものが経費になると言う考え方だったので、とてもわかりやすかったです!

 

 

②「税理士が教える追い込み確定申告」のブログ記事

税理士が教える「追い込み確定申告」この記事を片手に、3月に入ってからでも確定申告は間に合います!

なんて素敵な記事なのでしょう。まさに私のような人間のために書いてくれたと言っても過言ではない。上から順番に読みながら、手順を追ってやっていきました。本当に間に合いました。私にも確定申告、出来た…!!

 

 

③会計ソフト「freee」

https://www.freee.co.jp/

はい、課金しました。でも結論から言うと課金して良かったです(月額料金、馬鹿になりませんが…)。

ぽちぽちレシートを入力したら、全部やってくれました!!性格的に意外と入力作業は苦じゃなかったです。上の大河内先生の追い込み確定申告記事では「やよい会計」をお勧めされているのですが、とっつきやすさや今まで無料プランで見積書や請求書を作っていたこともあってなんとなくfreeeに。確定申告だけでなく見積書や請求書を作ってくれたり、売上や経費の推移をグラフで見ることが出来たりと経理周りに疎い個人事業主は契約して損はないかなと思います。とにかくカンタン。

こいつがいなかったら間違いなく確定申告は出来ていなかった…

 

結論:確定申告は、私たちの味方だった

ずっと敵だと思っていた確定申告

いろんなツールの力を借りながら実際に戦ってみると、実は自分の味方だったと言うことがわかりました。なんてったって……確定申告をすることによって、払いすぎた税金が返ってくる

漫画の通り、企業とお仕事した時には源泉徴収税が引かれるのですが(正確には企業が税金を計算してくれて、我々の代わりに納付してくれるのですが)これが結構な額を引かれるんですね…。予定していた売上と全然違うやん…って申告前は損した気分になっていました。

しかし、確定申告をすることによってこの徴収されたお金が還付金として返ってきます!!!まとめて返ってくるので、まるでボーナスをもらった気分。ちなみに私は5万円ほど返ってきました。かなり大きいです!知り合いは20万くらい返ってきたそうです。やば。

 

確定申告をすることで、やっとスタートラインに立てた

確定申告をすると、その1年間の収支が見えてきます。さらに私は確定申告を機に開業届も提出しました。

実は私、申告までの半年間ずっと、フリーを続けていく自信がなかったんです。

「無理そうだったら会社員に戻ろう。」そんな風に自分で予防線を張って言い訳をしていたから、思い切り仕事に打ち込むことも出来ず。ダメだった時にいつでも戻れるように、どこかおままごとのような気持ちで事業をやっていたのかもしれません…

 

でも、確定申告と開業届を提出することによって

「私、ちゃんと自分の絵でお金をもらえてるじゃん。」
「無理だと思っていた確定申告だって、ちゃんと出来たじゃん。」

 

そんな風に、自分のやってきたことに少しだけ自信を持つことが出来ました。

ほんとにダメになるまでは、もっと自分の事業を頑張ってみよう。覚悟がようやく決まったような気がしました。

 

確定申告を経て…今

確定申告から2ヶ月。私は、今までになく仕事に打ち込んでいます

迷って予防線を張って、だらだら過ごしていた半年前の自分が嘘みたいだ。まだまだ満足いく収入は得られていないけれど、確かに走り出しています。そこにもう迷いはありません。イラストと漫画で食べていく。そして将来的には、自分の作家性でたくさんの人の役に立てるようになる。そんな風に描いた夢に向かって、ひいひい言いながら制作に営業に奔走しています。

走り出すまで1年近くかかりました。情けない話ですが、私みたいな優柔不断な夢追い虫にはこんなストーリーもぴったりだったのかな…なんて思っています。

 

でもやっぱり……
もっと早く「フリーランス税本」を読むべきだった!!!!

はい。受講生間で被害者の会が結成されるような、ほぼ詐欺みたいなコンサルに突っ込んだ25万円。もう返ってこないのは諦めてるけど、せめて全額経費にしたい。青色申告(65万)したら経費になると思っていたのですが…

 

なにせよ準備の遅かった私は確定申告の日に開業届と青色申告の申請書を税務署に持っていきました間に合わなかったです…やむなく白色申告の書類を作り直して提出しました。

悲しみが深い!!!!

 

こんなことにならないように、駆け出しフリーランスの皆様におかれましては今すぐフリーランス税本を読んで税金と確定申告の仕組みについてざっくりとでも把握されることをお勧めいたします

まだ時間はたっぷりあるから…ね。

 

この記事を書いた人

さとう七味
「やさしい世界を作りたい」イラストレーター・漫画家。人の感情の機微に寄り添うようなあたたかい作品を描いています。エモい、じんわりは得意分野。

作家作品はもちろん、商業イラストまで幅広く描いております。気になったら作品をご覧になっていただけると嬉しいです。お仕事紹介・依頼ページはこちら

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)