【経験者に聞く】漫画家のアシスタントになるには?仕事内容や3つのなり方・求められるスキルを解説

漫画家のアシスタントになるには?仕事内容や3つのなり方・求められるスキルを解説
あんじゅ先生
漫画家のあんじゅ先生(@wakanjyu321)です!10万部を超える著書『フリーランス税本』を出版しています💓

漫画家を目指す道のひとつに「アシスタントになる」という方法があります!
ところが「アシスタントになりたい!」と思っても、どのような仕事内容なのか、なるにはどうすればいいのかがイマイチわからないですよね……!

あんじゅ先生
働くうえで、仕事内容やスケジュール・収入について知りたいと思うのは、当然のことです🥺

そこでこの記事では、実際にプロ漫画家のアシスタントとして働いていた「どでんちゃん」さんに、漫画家のアシスタントの気になる点についてインタビューしました!!

記事の内容
  • アシスタントの仕事内容
  • 1日のスケジュール
  • 収入
  • アシスタントになる方法
  • 向いている人の特徴
  • 求められるスキル

など、実際にプロのもとで働いていたからこそ知っている情報を、惜しみなく教えていただきました🥰🥰

「アシスタントに興味がある」「漫画家を目指すためにまずはアシスタントを経験したい」という方は、ぜひ最後まで記事をご覧ください!

インタビュー相手

名前:どでんちゃん

『難波金融伝・ミナミの帝王』などの商業漫画で5年間アシスタントを経験。
PR漫画の制作を請け負いながら、ジャンプルーキー!で『極道姫が初心(ウブ)すぎる!!』を連載中。

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

アシスタントの仕事内容とは

あんじゅ先生
本日はよろしくお願いしまーす💓

早速ですが、アシスタントの仕事内容について教えてください!

どでんちゃん
アシスタントの仕事内容は主に

  • 背景の作画
  • モブキャラの作画
  • 髪のツヤベタ塗り
  • 仕上げ
  • 吹き出し・文字打ち
  • 無駄な線を消す
  • カラーページの下塗り

などですね!あとは買い出しとか掃除とかの雑用もあります。

あんじゅ先生
え……めちゃくちゃ多くて大変そう🥺
どでんちゃん
もちろん全部をひとりでやるわけじゃなくて、アシスタントの実力に応じて仕事が割り当てられるという感じです!

基本的には上手な人がカラーやキャラクターを描いて、背景・ベタ・仕上げなどを、アシスタントの得意不得意に応じて先生が振り分けます。

あんじゅ先生
なるほど!

ちなみに、どの仕事が1番大変でしたか?

どでんちゃん
やはり背景の作画ですね!

先生が描いたキャラクターにパース(遠近感)を合わせて描かないとダメだし、絵柄も先生の絵とマッチさせる必要があるので、慣れるまでが大変です。

あんじゅ先生
大変そう……やっぱり仕事って厳しいんですか?
どでんちゃん
厳しさは、先生によって変わりますね。

ミナミの帝王のときは、一緒に入っていた同僚が先生から「ビルが崩れるシーンを描いて」って指示されていたところを、間違えて爆破させたことがあって。

その人、絵はすごく上手なベテランさんだったのに、それがきっかけでクビになってました……(笑)

あんじゅ先生
アシスタントの世界も結構大変なんですね……😂

アシスタントの1日のスケジュール

あんじゅ先生
アシスタントの1日のスケジュールについて教えていただけますか?
どでんちゃん
基本的な流れは

10時:出社
10~12時:原稿作業
12時~13時:お昼休み休憩
13時~17時:原稿作業
17時~18時:夕ご飯休憩
18時~22時:作業
22時すぎ:帰宅

という感じです!

あんじゅ先生
わあ、12時間みっちり……!

ちなみに連載漫画家さんってよく徹夜してるイメージなんですが、実際に泊まり込みとかはありましたか?

どでんちゃん
泊まり込みはたまにある感じです!その時は朝10時に入って、翌朝か昼に帰る形でしたね。

私は最大で1徹ですが、他の現場だと3徹とかもあったみたいです。

あんじゅ先生
徹夜は大変……😟ちなみに職場って、どんな雰囲気だったんですか?合わない職場だと長時間いるのって大変そうですよね。
どでんちゃん
雰囲気は先生によってかなり変わります!

ミナミの帝王の職場だと、先生が入ってきたら立ち上がって挨拶とかしてました(笑)

あんじゅ先生
立ち上がって挨拶!?軍隊みたい……
どでんちゃん
他にも5現場くらい行きましたけど、そこだけ特殊でしたね(笑)

基本的には音楽やラジオがかかっていて、たまに話題があったらしゃべる程度の環境でもくもくと仕事をするという感じです!漫画家以外の職場とあまり変わらないと思いますよ!

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

アシスタントの収入について解説

あんじゅ先生
ぶっちゃけ、アシスタントってどれくらいお給料もらえるんですか!?🤑🤑
どでんちゃん
基本的には日給で、朝から晩まで働いて1日1万円とかですね!時給で出してくれるところだと、高くて1,000円とかです。
あんじゅ先生
え、わりと安いですね……!
どでんちゃん
他のアルバイトよりは安いかもしれませんね(笑)

後は単行本が出たらボーナスで2~3万円もらえたりとか、夜勤で手当がでたりとか、場所によってさまざまです!

あんじゅ先生
週5日働いて約20万円だとすると、新卒の会社員と同じくらいかあ
どでんちゃん
プロアシスタントだと月40万円くらいはもらえるみたいですが、相当の経験がいりますね。

なので正直、漫画家になるためにスキルを身につけたいって真剣に思っている人じゃないと、割に合わないと思います。

アシスタントになる3つの方法

あんじゅ先生
アシスタントって具体的に、どうやればなれるんですか?
どでんちゃん
アシスタントになる方法は、大きく分けて3つです!

  1. アシスタントマッチングサービスを使う
  2. 担当編集者さんに紹介してもらう
  3. 雑誌や商業誌、SNSで応募する

それぞれ詳しく説明していきますね。

1.アシスタントマッチングサービスを使う

どでんちゃん
まずはアシスタントのマッチングサービスを使う方法です!

掲示板でプロの漫画家さんや企業が募集をかけているので、気になるものに履歴書とアシスタント原稿を出すパターンです。

あたりが人気の掲示板です!

あんじゅ先生
へー!マッチングサービスがあるんですね!

ちなみに「アシスタント原稿」ってなんですか?

どでんちゃん
アシスタント原稿は、応募者のの実力を測るためのものです。

いくつか背景を描いて

  • 何分で描きあげたか
  • どんな道具を使ったか

を細かく描いて、漫画家さんに提出します。

あんじゅ先生
なるほど、その原稿で実力を見るんですね🥰

2.担当編集者さんに紹介してもらう

どでんちゃん
次が担当者さんから現場を紹介してもらうケースです。

出版社に漫画を持ち込んで、そこで担当編集者さんがつくと、アシスタントの仕事を紹介されることがあります。

あんじゅ先生
持ち込みってすごく漫画家っぽい……!!結構働き口って多いんですか?
どでんちゃん
編集者さんから紹介してもらうのは、結構王道の方法なんですよ!

実際私も高校生からやっていて、担当さんから『リアルアカウント』という漫画のアシスタントの仕事を紹介してもらいました。

なのでアシスタントがやりたい方は、出版社に作品を持ち込んでみるといいですね!

3.雑誌や商業誌、SNSで応募する

どでんちゃん
最後は雑誌やSNSで応募するというものです。

漫画雑誌や商業誌ではたまにアシスタントを募集しているページがあります。あと最近は漫画家さん本人がTwitterなどで募集してるので、それに応募するとかですね。

あんじゅ先生
漫画家ご本人から募集がかかってることがあるんですねー!
どでんちゃん
でもその場合は倍率が高くなりやすいので、採用率で考えると他の2つよりは低いです。

基本は持ち込みやマッチングサービスを使って、タイミングが合えばSNSも応募してみると効果的という感じです!

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

アシスタントに向いている人の特徴3選

あんじゅ先生
アシスタントってどういう人が向いていると思いますか?🥰
どでんちゃん
向いている人の特徴は、主に3つです!

  1. 漫画が好きな人
  2. 安定した給料が無くても不安にならない人
  3. 向上心がある人

こちらもそれぞれ説明します!

1.漫画が好きな人

どでんちゃん
そもそも大前提として、漫画が好きという気持ちは大切です!

やっぱりアシスタントの仕事って、普通と比べると割に合わないんですよ。

あんじゅ先生
確かに、お給料安いですもんねえ😰
どでんちゃん
福利厚生とかが一切ないので、お金の面を重視するなら会社員になったほうが絶対にいいです。

なんなら、社会人経験を漫画に活かすこともできますからね(笑)

あんじゅ先生
とにかく漫画が好きじゃないと続けられなそう……!

2.安定した給料が無くても不安にならない人

どでんちゃん
次は「安定した給料が無くても不安にならない人」です!

アシスタントって簡単にいうとフリーランスのような働き方なので、すごく不安定なんですよね

あんじゅ先生
日給1万円もらっても、やっぱり不安定になっちゃうんですか?
どでんちゃん
どれだけ人気漫画家でも、病気で打ちきりになる可能性は十分ありますからね……

特に新人作家さんとかだと、ある日突然「打ち切られました」って告げられることもあります。

あんじゅ先生
うわ、そうなると次を探すのも大変そうですね。
どでんちゃん
20万円だったらそこまで貯金もできないだろうし、急に言われるとどうしようもないですね……(笑)

なので、給料が不安定でも漫画に力を入れられるような人じゃないと、アシスタントは長く続かないと思います。

3.向上心がある人

どでんちゃん
向上心がある人は、アシスタント向きですね!

やっぱりアシスタントの1番大きなメリットは「絵がうまくなること」なので。

逆に言うと、それ以外に利点はそこまで無いです……(笑)

あんじゅ先生
やっぱり「絵がうまくなりたい!漫画家になりたい!」っていう気持ちが大事なんですね!
どでんちゃん
先生から注意されたことをしっかり修正するとか、仕事が終わってから家でしっかり練習するとか。

そのような向上心を持てる人なら、アシスタントを経て実力をしっかり身につけられると思いますよ!

アシスタントに求められるスキル3選

あんじゅ先生
最後に、アシスタントに求められるスキルについて教えて下さいー!
どでんちゃん
こちらも大きく分けて3つです!

  1. 作業スピード
  2. 仕上げのていねいさ
  3. コミュニケーション力

それぞれ紹介します!

1.作業スピード

どでんちゃん
まずは作業スピードです!

連載漫画だと締切りがあるので、間に合うように描きあげる能力が必要ですね。

あんじゅ先生
週刊連載だと、1週間しか無いですもんねえ🥺
どでんちゃん
1週間のうち、原稿を描いているのは3日~4日くらいなんですよね……!

なのですごい背景1つを3日かけて描く人より、ある程度でいいから1日で仕上げられる人が重宝されます。

2.仕上げのていねいさ

どでんちゃん
仕事のていねいさも、求められるポイントです。

いくらスピードが速いからといって「これ適当にやったよね?」という背景だとかなり注意されます。

あんじゅ先生
ていねいさというのは、具体的にどのあたりを見てるんですか?
どでんちゃん
  • 雑で無駄な線が無いか
  • 背景を書くときに線がクロスしていないか
  • 仕上げのベタがはみ出ていないか
  • パース(遠近感)の感覚は正確か

などですね!これらの力はアシスタントにかなり求められるので、先生から何度か注意されて直らなかったらクビになることもあります。

あんじゅ先生
スピードを意識しつつ、ていねいさも忘れないのは難しそうだなあ😰
どでんちゃん
でも背景は経験のある上手な人が担当するので、最初からそのレベルを求められることはないですよ!

まずはベタなどの仕上げを、しっかりていねいにやることが大切です!

3.コミュニケーション力

あんじゅ先生
やっぱりアシスタントにも、コミュニケーション力は必要なんですね……!
どでんちゃん
はい。先生が望む絵をしっかり描くことを求められるので。

「話が上手」とかではなくて、しっかり先生との意思の疎通ができる人は好かれる傾向にあります。

うまく先生とコミュニケーションを取って、盗める技術はどんどん盗んで成長していけると良いですね!

あんじゅ先生
ありがとうございましたー!

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

アシスタント経験者も多数在籍する『あんマンサロン』

あんマンサロンは、プロの漫画家である若林杏樹が運営する、マンガ家と読者・顧客を結ぶオンライン型の交流サロンです!!

絵や漫画で稼ぐことを目的としている80人以上のメンバーが、イラストの技術向上や仕事獲得に向けて活動をおこなっています。
あんじゅ先生
イラストの仕事の取り方や、SNSでのバズらせ方を学べたり、漫画やイラストを用いた交流ができる点がサロンの強みです😘
他にも賞金ありの漫画投稿バトルや、プロ漫画家との1対1の相談などのコンテンツを、月額2,980円で体験できます!(※月によってイベント内容は異なります)

さらにあんマンサロンには、実際にイラストや漫画を発注してくれるクライアントも在籍中!

イラストレーターや漫画家と交流を深めつつ、お金を稼ぐ方法が見つけられる点が魅力です。

向いている人
  • イラストや漫画を仕事にしたい方
  • プロや同業者との交流を深めたい方
は、ぜひあんマンサロンへの加入を検討してみてください❤️

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です