【プロのアドバイス】漫画家デビューを諦めた人へ。挫折してしまう5つの原因と対処法6つを紹介

あんじゅ先生
漫画家のあんじゅ先生(@wakanjyu321)です!10万部を超える著書『フリーランス税本』を出版しています💓

「漫画がもう描けなくなってしまった」
「漫画家になりたかったのに挫折した」
「もう漫画家になる夢を諦めようと思っている」
と考えていませんか?

描いても描いても評価されない状態が続くと、心が折れてしまうことってありますよね😢

「継続することが大切」とはよくいいますが、うまく行かない状態が続くと難しいものです……!

そこでこの記事では、挫折してしまったときの対処法をプロが実際に紹介していきます!

記事の内容
  • 漫画家を目指していたけれど挫折した5つの原因
  • 諦めるべきか悩んだ時の対処法6つ
  • 20代後半から漫画家を目指した私の体験談

原因を把握したうえで対処していくことで、もう一度漫画に対する情熱を取り戻しましょう!

あんじゅ先生
実際にプロ漫画家である私の体験談も載せているので、悩んでいる方はぜひ最後までお読みください🥰

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

漫画家を目指していたけれど挫折した5つの原因

こちらでは、漫画家を目指していたけれど挫折した人によくある原因を5つにまとめました!!

心が折れそう…と感じている人でも、原因をしっかり理解することで改善策も見えてきます!

原因
  1. 自分の絵に価値を感じなくなった
  2. 学校や仕事との両立ができなくなった
  3. 周りのうまさについていけなくなった
  4. 他にしたいことが見つかった
  5. 年齢的にもう厳しいと感じた

悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください🥰🥰

あんじゅ先生
挫折しても諦めなければ努力は報われます💓

【漫画家を目指していたけれど挫折した原因1】
自分の絵に価値を感じなくなった

挫折した原因として、自分の絵に価値を感じなくなったと思う人は多いです。昔から絵を描いている人は、周りから「上手だね」と褒められ続けてきた人が多い傾向にあります。

しかし進学したり、プロの絵を目の当たりにしたりすると、自分の絵に対して「この絵では勝負できないな」と価値を感じなくなってしまいます😭😭

さらに漫画は絵だけでなくストーリーを考えたり、人に細かく伝えたりしなければならないため「自分には厳しい……」と感じる人も多いです。

最初は好きで描いていたはずが、周りと比較して自分の絵に価値を見出せなくなり、挫折してしまいます。

あんじゅ先生
自分の絵を好きになれないのは、本当に辛いです……

【漫画家を目指していたけれど挫折した原因2】
学校や仕事との両立ができなくなった

学校や仕事との両立ができなくなってしまったケースです。いい漫画を描き続けるには、その分時間もたっぷり必要です。

ところが学校に行きながら練習している人や、会社が終わってから絵を描いている人は、なかなか時間が取れません。

すると漫画に対しての情熱が失われていき、最終的には筆を置いてしまうケースが見受けられます。

あんじゅ先生
学生のうちは良かったけど、社会人になって一気に時間が無くなった……という人は多いです😥

【漫画家を目指していたけれど挫折した原因3】
周りのうまさについていけなくなった

絵に終わりはないため、自分よりもうまい人はたくさんいます。他の人の上達スピードに追いつけず、諦めてしまうケースです。

特に専門学校などに通っていると、周りをついついライバル視してしまい、自分の上達の遅さにイライラすることも。

創作物に明確な比較ポイントは無いはずなのに、他人との差に心が折れてしまうのです……😢

【漫画家を目指していたけれど挫折した原因4】
他にしたいことが見つかった

漫画家以外に熱中できることが見つかったため、漫画を諦める人も多いです。また他にしたいことが見つかる要因として、そもそも自分の絵に嫌気がさしてしまい、他のことを探し始めたという人もいます。

他の理由に比べると前向きではありますが、実は未練を残しているという人もいらっしゃいます。

あんじゅ先生
未練があるからこそ、他の絵師さんに嫉妬してしまうことも……

【漫画家を目指していたけれど挫折した原因5】
年齢的にもう厳しいと感じた

「年齢的にもう漫画家になれない……」と感じて、夢を諦めてしまうケースです。漫画家は一般的に若い人のほうが有利と言われており、年齢を重ねると不安が大きくなってしまいます。

特に言われるのが「25歳がタイムリミット」ということなので、20代後半で成果が出ていないと、諦めたくなってしまう人は多いです。

あんじゅ先生
若く活躍している人を見ると、焦る気持ちはわかります…!

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

漫画家を諦めるべきか悩んだときの対処法6つ

こちらでは、漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法を6つにまとめました。

対処法
  1. 好きな漫画をもう一度読む
  2. 漫画仲間に相談する
  3. SNSにアップして見てもらう
  4. プロに意見を聞いてみる
  5. 目的を明確にする
  6. 漫画ではない別の絵を描いてみる
  7. 全く別のことにチャレンジしてみる

「私に漫画家は少し厳しいと感じているけれど、諦めきれない…まだ続けてみたい!」と考えている人はぜひ参考にしてみてください!

あんじゅ先生
その夢諦めるのはまだ早いかもしれません💓

【漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法1】
好きな漫画をもう一度読む

漫画が好きだから、漫画家になりたい!と思った人も多いはず。好きだった漫画や売れている有名作品など、もう一度読んで漫画に対する気持ちを再確認してみましょう!

「この人みたいな漫画が描きたい」と再認識することで、漫画への意欲が取り戻せるかもしれません。

また、どういったように絵を見せているのか参考にするのも効果的です!漫画を描く自信が無くなった場合は、プロが描くアクションシーンなどをもう一度参考にしてみましょう。

あんじゅ先生
どんな作品がヒットするのか、自分の漫画は読みたいと思われるかなど客観的に考え、描きたくなったらもう一度挑戦してみましょう!💓

【漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法2】
漫画仲間に相談する

実際に漫画を描く仲間に相談してみるのも手です!漫画家志望の友人に相談することによって、自分で調べているだけでは解決しなかった問題も解決できる可能性があります。

また「自分も頑張ろう!」とモチベーションにつながりやすいため、行き詰まったら相談してみましょう!

あんじゅ先生
漫画仲間を増やすにはSNSやオンラインサロンがおすすめ!自分の絵に対して、人から意見をもらえるため積極的に行いましょう!💓

他人から客観的なアドバイスをもらうことで、自分ではわからなかった間違いや、漫画に対する考え方などに気づけます。

気持ちも晴れるのでたくさん交流を持ちましょう!!🌟🌟

あんじゅ先生
モチベーションアップは大事💓

【漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法3】
SNSにアップして見てもらう

描いた漫画をSNSにアップして、感想やアドバイスをもらいましょう!

SNSには様々な人がいるため、漫画をアップすることで率直な感想や専門的なアドバイスがもらえます。
また、自分では気が付かない魅力的な部分を教えてくれるかもしれません!😺

もらえるアドバイスは抽象的かもしれませんが、自分で具体化して考えると足りないものが分かり、モチベーションが上がりますよ!!🥰🥰

あんじゅ先生
SNSで相談することで、自分のことを詳しく知らない人からの意見がもらえるのでおすすめ🥰

【漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法4】
プロに意見を聞いてみる

「プロの漫画家ならどうするのか」という意見を聞いてみることも大切です🌟🌟プロもすべてが順調にいったわけではなく、いろいろな挫折を乗り越えて今の生活を掴んでいます。

自分の絵に自信が無くなったり、このまま漫画家になる気持ちが無くなったりしたときに、親身になって相談に乗ってくれるかもしれません。

ただし普通に漫画を描いていてもプロと出会う機会はなかなか巡ってこないため、自分からオンラインサロンなどに参加してみることをおすすめします。

オンラインサロンとは、同じジャンルの仲間が集まるコミュニティのこと。プロが運営しているものもあるので、効率よく情報を吸収できます!

漫画のスキルは絵がうまいことだけではありません。アイデアや企画力はあるのか、ストーリーを制作して演出する力はあるのかなども問われます。

プロが実際に教えてくれることによって、ネット上で調べているだけではわからなかった描き方や知識を蓄えられますよ!

自分に自身が無くなってきたら、プロに話を聞くチャンスが無いか考えてみてください!

あんじゅ先生
オンラインサロンには漫画家になりたい人が多いので、モチベーションアップにもつながります!💓

【漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法5】
目的を明確にする

漫画家になってどうしたいのか、他にやりたいことがあるのかもう一度原点に戻って考え直してみることも大切です!!

絵が下手に感じたという理由のみで、漫画家を諦めるのはもったいないです。

漫画を描き始めよう!と考えた時には、どういった目標や夢があったのか、もう一度思い出すことでこのまま描き続けるか明確になります!

あんじゅ先生
諦めなければ努力は必ず報われます!💓

【漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法6】
漫画ではない別の絵を描いてみる

漫画を描かなければ!という追い込んだ気持ちを消して、楽しく絵を描いてみることも大事です!

そうすることにより絵を描くこと自体は苦ではないかを、再確認できます🌟

漫画を描くのはしんどくても、絵を描くこと自体は好きなままかもしれません。

絵を描く仕事なら漫画家以外にもたくさん存在します。自分にはどういった絵が向いているのか、再確認してみましょう!

あんじゅ先生
漫画家以外に向いている絵の仕事が見つかるかもしれません💓

【漫画家を諦めるべきか悩んだ時の対処法7】
全く別のことにチャレンジしてみる

別のことにチャレンジすると、新しい道が発見できる可能性もあります漫画だけでなく、同じ絵を描く職業はたくさんあります!🌟🌟

ずっと漫画を描いていると、楽しい反面「本当にこの道で良いのかな」と気持ちも沈んでしまいます。

全く別の絵を描いてみたり、そもそも絵を描くことから離れてみたりすることで、自分に合う道を確認できます!

あんじゅ先生
諦めるべきか悩んだら別の道にもチャレンジしてみましょう💓

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

20代後半から漫画家を目指した私の体験談

最後に20代後半から漫画家を目指した私の体験談を紹介します!私も今ではプロとして活動してますが、一度は漫画家になることを諦めました。

昔から漫画家になることが夢でしたが「漫画家になるのは大変そう」と思い、普通の大学に進学。そしてホワイトな大学職員に就職しました。

しかし、漫画家という夢が諦めきれずに、5年後に退職し、イラストレーターとしてこっそり活動を開始。
最初は両親に辞めたことを言わずコツコツと絵を描いていました。

コラムなども描いていましたが、それだけではもちろん生きていけず、デザインの勉強も始めて、なんとか食いつないでいたんです。

そんな中でも、ブログやSNSに漫画をアップするということだけは継続して行っていましたその結果、少しずつ漫画やイラスト・ネット番組などの仕事をもらえるように!

そしてTwitterで知り合った税理士さんから、書籍の漫画を描かないかという依頼が舞い込み、フリーになって2年後に書籍の出版という夢が叶いました!ちなみに出版した書籍は10万部越えです😳

現在では、漫画家を目指す人や漫画好きな人を集めたオンラインサロンを運営しています。

一度は挫折しましたが、諦めずにコツコツ絵を発表したことで、漫画家としてデビューできました。

挫折してしまう気持ちはとてもよくわかりますが、継続すれば漫画家への道がひらけるかもしれません。「まだ未練がある……」という方は、少しずつでもいいので漫画に向き合って、絵を描いていってみてください!

あんじゅ先生
続けていれば、努力をみてくれる人も必ずいます。💓

\プロ運営の漫画特化オンラインサロン/

漫画家に再チャレンジするなら『あんマンサロン』

あんマンサロンは、プロの漫画家である若林杏樹が運営する、マンガ家と読者・顧客を結ぶオンライン型の交流サロンです!!

絵や漫画で稼ぐことを目的としている80人以上のメンバーが、イラストの技術向上や仕事獲得に向けて活動をおこなっています。
あんじゅ先生
イラストの仕事の取り方や、SNSでのバズらせ方を学べたり、漫画やイラストを用いた交流ができる点がサロンの強みです😘
他にも賞金ありの漫画投稿バトルや、プロ漫画家との1対1の相談などのコンテンツを、月額2,980円で体験できます!(※月によってイベント内容は異なります)

さらにあんマンサロンには、実際にイラストや漫画を発注してくれるクライアントも在籍中!

イラストレーターや漫画家と交流を深めつつ、お金を稼ぐ方法が見つけられる点が魅力です。

向いている人
  • イラストや漫画を仕事にしたい方
  • プロや同業者との交流を深めたい方
は、ぜひあんマンサロンへの加入を検討してみてください❤️


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です